manenooku

仮想通貨で億り人になる方法のまねしておしゅし食べよ

ふるさと納税 還元率(コスパ)を考える

■基準は50%以上■
ふるさと納税はお得ということなので、還元率は考える人も多いのではないかと思います。 一般的に還元率で考えると50%以上というのが還元率が高いようです。 つまり、10,000円を寄付したときに5,000円をもらえる返礼品ということです。 趣味とか、記念品とかもらえる物品ありきという人もいるとは思いますが、 実際に負担するのは2,000円なので、 できるだけお得なところへ寄付したいというのが本音なところかと思います。 そういう方は50%を目安に考えるのが良いと思います。
■すごいのはどこか?■
もちろん、2016時点なので変動はあると思いますが、米が人気の様です。 1万円で20キロをお米をもらえる自治体です。人気が高いのでページが表示されないレベルです。自治体も寄付金額を競っていますので、10程度の自治体があるようです。 ただ、お米は品質、銘柄で好き好きがあると思いますので、一概にはいえませんが、10キロ3,500円位が相場だとすれば7,000円なので、10,000円なのに、7,000円の返礼品があるとすれば70%と高還元です。 個人的には、岩手、宮城、山形あたりのお米がおいしいのではないかと思っています。 楽天経由でもふるさと納税ができるので、寄付金額の1%がもらえることです。また支払を楽天カードで行うと3%がプラスされるので、3万円の寄付だと1,200円になります。 自腹2000円がふるさと納税の持ち出しですが、6万円なら+2,400円になります。
■どうやって高還元自治体を探すか、、、■
これは単純は問題で、肉関係、米高い還元率の自治体=品切れです。最近では寄付金額やランキング表示していますので、品切れ=還元率の高いものです。 ただし、ネックとして入荷があってもすぐに品切れになってしまうということです。最近では集中に備えて定期的に入荷する自治体も多いので、待ってもいいかと思います。 ひとつ気づくのは、品切れ=10,000円の品物であることが多いです。これはひとつの自治体に多額を突っ込むのは、、、と二の足を踏む方が多いからだと思いますが、高い寄付金額で考えてみると結構な還元自治体もありますので、探してみてはどうかと思います。 私が探した限りでは、高知県安芸郡奈半利町という自治体がすごいです。 20,000円の寄付で15,000円相当、 さらに、 50,000円の寄付では 毎月いろいろな返礼品が送られてくるプランで40,000円相当です。 ほかにも50,000円台の 毎月送られてくるシリーズは還元がいいような気がします。 品切れも少ないですし。 あと考え方次第ですが、旅行の予定、特に地方に温泉行くとかがあるなら、宿泊割引を配布している自治体もあるので、場合によっては絶対的にお得かと思います。
■注意点、、、■
注意点は以下の通りです。 米、肉は消費しますのでテッパンですが、そもそもいらないものを頼まないことです。。。経験上、お魚セットは通常自分で買わない魚も食べられるし、量も多いので良いのですが、あまり好きでないものもきます。 高額寄付は還元率は意外と良いのでは?と背反するようですが、冷蔵品が冷蔵庫に入るのか?です。冷蔵庫に豚肉が3キロとか、6キロとか入りますでしょうか?箱できて、いざはいらないとなるとしんどいです。 あとは果物、キロできても、腐ってしまう可能性があります。なんだかんだ考えてみましたが、個人的には実需で定期的にちょこちょこ50%を探して寄付していくのがいいのかなと思っています。 お米なら山形、お肉なら豚で宮崎、鹿児島が満足度高いですのでリピートしています。